パスファインダー作成法

OPAC

本書は、図書館で利用者の情報探索を助ける「パスファインダー」作成のための実践的手引書である。

パスファインダーの定義・由来や求められる機能など基礎的な部分はもちろん、作成時に重要となる主題分析とそれを活用した情報資源の選択についても解説した。

パスファインダー作成法
著者 鹿島みづき
B5版、174ページ
発行  樹村房
発行日 2016.4.15
ISBN 978-4-88367-258-5
定価 1,800円(税別)

目次

はじめに

第Ⅰ部 図書館パスファインダー

第1章 概説

1 定義
2 由来
3 パスファインダーのさまざまな特徴
4 パスファインダーの特徴を整理する
5 パスファインダー作成に不可欠な主題分析

第2章 求められる機能

1 パスファインダーの機能を支える前提
2 パスファインダーの機能を理解する

第3章 構造の特徴/p>

1 特徴の内容
2 構成要素

第4章 作成の流れ

1 ニーズを分析し主題を選ぶ
2 主題候補について理解する
3 パスファインダーの目的、しくみ、構成の確認
4 情報資源の探索と選択
5 レファレンスツール、データベースの利用の指示と解説
6 ウェブ情報資源の分析と選択

第Ⅱ部 主題分析の応用

第5章 主題の分析

1 主題分析する必要性
2 LCSHの活用
3 ファセットの決定

第6章 カリキュラムの分析

1 主題の分析作業の実際
2 シラバスの分析

第7章 情報の収集

1 検索方法 基本編
2 検索方法 上級編

第8章 情報資源の主題分析

1 情報資源の種類
2 分析の方法


 

第Ⅲ部 進化する主題検索ツール

第9章 ディスカバリーサービスとパスファインダー

1 ディスカバリーサービスとは
2 ディスカバリーサービスとパスファインダーの共通項
3 利用者が求める情報とは何か
4 良質なメタデータは検索を支えるインフラ
5 リンク・オープン・データに見る検索ツールの可能性
6 リンクされた情報を検索する
7 典拠情報は主題アクセスツールに不可欠なハブ

 

付録 『パスファインダー作成法』の布石:本書ができるまで

おわりに
参考文献
索引