テーマ展示 2003

テーマ 取り上げた資料 タイトル◆請求記号◆資料ID

2003.12.15 - 12.22のテーマ

顔って何だ? 生物学的な定義をこえて、その人自身にまでおよぶ「顔」の概念の広がりを考えてみました。

関連リンク集

日本顔学会 顔に関する研究の発展を期し,あわせて「顔学」の普及を図る

顔・化粧文化 顔データベースなどあり

  • 見られることの権利「顔」論◇104/W42◇10106898
  • 顔と表情の人間学141/KO27◇10104818
  • 変身願望:人間の仮面と素顔◇146/KU53◇10072655
  • 人間とその顔◇148/P59◇10190459
  • ジロジロ見ないで:普通の顔を喪った9人の物語◇281/TA33◇10186508
  • 勝手に撮るな!肖像権がある!◇3161/MU43◇10184076
  • ペルー日系人の20世紀:100の人生100の肖像◇3344/Y53-1◇10163732
  • 顔を読む:顔学への招待◇3614/Z2◇10158792
  • 赤ちゃんは顔をよむ:視覚と心の発達学◇3761/Y24◇10189028
  • 博士の肖像:人はなぜ肖像を残すのか◇37728/KI46◇10155948
  • 顔を科学する!:多角度から迫る顔の神秘◇469/B12◇10161426
  • 顔面考◇469/KA791◇10155560
  • 肖像画の視線:源頼朝像から浮世絵まで◇721/MI75-1◇10128432
  • 鉛筆画ノート・顔◇725/SH33/2◇10168520
  • 山藤章二のブラック・アングル25年全体重◇7261/Y19◇10180600
  • 男の顔面◇748/A64◇10160938
  • 光と影の住人たち◇748/B14◇10140204
  • 顔:美の巡礼:柿沼和夫の肖像写真◇748/KA25◇10185866
  • 顔の啓示:新たな風景に向かって(カイエ・デュ・シネマ・ジャポン :5)◇778/KA21/5◇10167205
  • Lucha mascarada:pro-wrestling masks of Mexico◇788/TS99◇10180980
  • 髪・顔事典(漢字百話:髟・頁の部)◇821/KA55/2◇10072312
  • 化粧と素顔:大野雑草子対談集◇9113/O671◇10014036
  • 顔を失くして「私」を見つけた◇936/G81◇10139074
  • 日本人の顔:対談集◇アサヒ/シ1-1◇90004753
  • 似顔絵◇イワナミシン/アカ/675◇10163186
  • 顔の現象学:見られることの権利◇コウダンガク/1353◇90005559
  • 画家と自画像:描かれた西洋の精神◇コウダンガク/1585◇10187215
  • 新聞報道と顏写真:写真のウソとマコト◇チュウコウシン/1431◇90005409

2003.12.5 - 12.12のテーマ

「トニー・ラズロさん講演会」に関連する資料

国際ジャーナリストのトニー・ラズロさんを迎え、国際交流講演会「多様性のパワー:定住外国人との多文化共生」が、12月12日(金)15時からECホールで開かれます。(長久手キャンパス/入場無料)
定住外国人との建設的な関係を築くためのヒントをお話しいただきます。

関連リンク集

一緒企画 ラズロさんが代表を務めるNGO

国際交流講演会
多様性のパワー:定住外国人との多文化共生
■日時 12月12日(金)午後3時から
■場所 ECホール・ECS教室
■料金 無料
■主催 愛知淑徳大学国際交流センター

  • ジャパニーズ・オンリー:小樽温泉入浴拒否問題と人種差別◇3168/A791◇10188955
  • 知の鎖国:外国人を排除する日本の知識人産業◇3168/H21◇10139278
  • 問われる多文化共生:教育・地域・法制度の視点から◇316/TO77◇10139954
  • 滞日外国人と人権◇316/J57◇10143889
  • 外国人住民の参政権◇314/KI41◇10134006
  • 日本のなかの外国人◇302/TU7◇10142025
  • Q&A外国人相談ハンドブック◇3299/TO46◇10149710
  • 国際結婚の基礎知識:共に生きる社会をめざして◇3299/TS66◇10173453
  • 日本で暮らす外国人のための生活マニュアル:役立つ情報とトラブル解決法◇3299/KA86/
  • マイノリティと多民族社会:国際人権時代の日本を問う◇3299/N89◇10190104
  • 外国人が公務員になる本:在日外国人の地方公務員・教育公務員就職データブック◇318/O36◇10139592
  • 自治体の外国人政策◇318/KO57◇10130493
  • 日本で暮らす外国人のための生活マニュアル:役立つ情報とトラブル解決法◇3299/KA86/2003-'04(1)◇10187660
  • 外国人定住問題資料集成◇329/KO57/A◇10135211
  • 自治体政策の展開とNGO◇329/KO981/4◇10135216
  • 18言語の外国人人権ハンドブック◇329/O73◇10137308
  • 外国人が裁かれる時◇329/A99◇10136454
  • 定住化する外国人◇329/KO981/2◇10128206
  • 外国人の法律相談Q&A◇320/D18/
  • 在日外国人と日本社会:多民族社会と国籍の問題◇3299/Y92◇10151829
  • 我が国をめぐる国際人流の変遷:出入国・在留統計にみる国際化の現状◇329/H83◇10107149
  • 悲しいパスポート:外国人刑事弁護の現場から◇329/A99-1◇10137316
  • エスニック・メディア・ガイド◇361/MO48◇10137690
  • エスニック・メディア:多文化社会日本をめざして◇361/SH83◇10114638
  • 留学生のソーシャル・ネットワークとソーシャル・スキル◇3614/TA84◇10164257
  • ジェンダーと多文化:マイノリティを生きるものたち◇3672/KU98◇10159754
  • 多文化サービス実態調査1998報告書:公立図書館編◇015/N77-6/'98◇10151738
  • 在留外国人統計:平成10年版◇329/Z1/'98◇10145724
  • 新宿のアジア系外国人◇334/O54◇10086458
  • 外国人居住者と日本の地域社会◇334/O54-1/A◇10135203
  • 池袋のアジア系外国人:回路を閉じた日本型都市でなく◇334/I31◇10136295
  • 日本のエスニック社会◇334/KO57/B◇10135208
  • 多文化共生をめざす地域づくり:横浜、鶴見、潮田からの報告◇334/N99/A◇10135206
  • 在日「外国人」読本:ボーダーレス社会の基礎知識◇334/S85◇10127092
  • 外国人労働者から市民へ:地域社会の視点と課題から◇334/MI75◇10135221
  • 新来・定住外国人がわかる事典◇334/KO57-1◇10128305
  • 東京外国人◇3344/KO12◇10149197
  • 新来・定住外国人資料集成(上・下)◇3344/KO57/
  • 日本の外国人移民◇3344/KO57-1◇10188477
  • 多民族共生社会ニッポンとボランティア活動◇3344/TA82◇10164076
  • 多文化・多民族共生のまちづくり:広がるネットワークと日本語学習支援◇3344/N22◇10167780
  • 共に生きられる日本へ:外国人施策とその課題◇3344/MI75◇10188962
  • 多国籍ジパングの主役たち:新開国考◇3344/KY2◇10190109
  • 共同研究出稼ぎ日系ブラジル人:上・下◇366/W46/
  • 外国人労働者問題資料集成:上・下◇366/KO57-1/
  • 海を越えてくるアジア人たち◇366/O37◇10143891
  • 外国人居住と変貌する街◇365/MA16◇10147382
  • 外国人をめぐる行政の現状と課題:総務庁行政監察局の実態調査結果◇366/SO39◇10090866
  • ニューカマーと教育:学校文化とエスニシティの葛藤をめぐって◇3715/SH49◇10185251
  • ニューカマーの子どもと日本の学校◇3715/O81◇10164282
  • 外国人児童生徒のための日本語指導◇375/TO46/
  • ようこそ日本の学校へ:日本語指導が必要な外国人児童生徒の指導資料◇375/MO31-30◇10113311
  • 阪神・淡路大震災における被災外国人学生の支援活動と心のケア◇3693/KA16◇10160001
  • アジア人留学生の壁◇377/SU491/B◇10115783
  • 異文化理解のための外国人留学生の100のトラブル解決マニュアル◇3776/H99◇10160189
  • 阪神大震災と外国人:多文化共生社会の現状と可能性◇369/G14◇10118580
  • アジアから来た出稼ぎ労働者たち◇366/U96◇10044640
  • HELPから見た日本◇369/O77◇10076814
  • 外人のTOKYO暮らし◇アサヒ/ア20-1◇90004475
  • お隣りの外国人◇916/Y922◇10149480
  • 在日外国人:法の壁、心の溝◇イワナミシン/アカ◇/370◇90001240
  • 東京アウトサイダーズ◇2107/W68/2◇10181373

2003.10.24 - 11.3のテーマ

本のリサイクル
リサイクルの本

長久手本館で、本のリサイクルをはじめました。
どうぞご利用ください。

関連リンク集

  • ブックオフの真実:坂本孝ブックオフ社長、語る◇0248/S321◇10188545
  • リサイクル生活入門 (Gaia books)◇518/MA16/1◇10140856
  • 生活用品リサイクル百科事典 (Gaia books)◇518/MA16/2◇10140541
  • リサイクルのしくみ (入門ビジュアルエコロジー)◇518/N37◇10141336
  • 廃棄物とリサイクルの経済学:大量廃棄社会は変えられるか (有斐閣選書)◇518/U48◇10115238
  • ゴミって何?:清掃現場からの報告◇518/W29◇10078604
  • 最新リサイクルキーワード 第2版◇5185/KU65◇10148032
  • 廃棄の文化誌:ゴミと資源のあいだ◇5185/L99◇10160494
  • リサイクルと環境 (地球環境サイエンスシリーズ)◇5185/MA88◇10167304
  • 家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)◇5185/R47◇10176074
  • 「リサイクル」してはいけない:環境にやさしい生活をするために (プレイブックス)◇5185/TA59◇10170741
  • 図解○得エコロジーライフ実践マニュアル:家庭でできる簡単エコライフ術からリサイクル商品、アウトドア・ガイドまで◇519/MA81◇10159925
  • 日米欧の産業廃棄物処理:各国の制度と実際◇519/N71◇10128396
  • リサイクル:回るカラクリ止まる理由 (シリーズ地球と人間の環境を考える)◇519/SH881/6◇10189210
  • 資源・環境・リサイクル:循環型産業経済システムの確立 2000年版◇5191/S63◇10158744
  • 資源・環境・リサイクルと地球温暖化 (エネルギーと環境:1998年版)◇5191/S63-1◇10158743
  • 清掃工場・リサイクル関連施設 (建築設計資料:79)◇525/KE413/79◇10168213
  • 自動車産業の静脈部:自動車リサイクルに関する経済地理学的研究◇537/TO22◇10144630
  • 白色度70がちょうど良い◇585/H29◇10180574
  • 古紙はなぜ余るのか:新・紙のリサイクルと再生紙◇585/KO87◇10140547
  • ごみとリサイクル (岩波新書:新赤版 149)◇イワナミシン/アカ/149◇90001089
  • リサイクル社会への道 (岩波新書:新赤版 857)◇イワナミシン/アカ/857◇10191153

2003.10.17 - 10.24のテーマ

追悼 エドワード・サイード

2003年9月25日に亡くなりました。新聞各紙にも様々な追悼文があったので、ご覧になった方も多いと思います。

関連リンク集

RUR-55 Outlet エドワード・サイードのオンライン・コメントがある。追悼ページはこちら。

The Edward Said Archive

 

  • オリエンタリズム◇(テオリア叢書)◇220/S17/A◇10134805
  • オリエンタリズム(平凡社ライブラリー)◇ヘイボンライ/11-12
  • イスラム報道◇227/S17
  • 遠い場所の記憶:自伝◇289/S17◇10171826
  • パレスチナとは何か◇302/S17/A◇10126652
  • 戦争とプロパガンダ◇3164/S17/1◇10180525
  • パレスチナは、いま(戦争とプロパガンダ:2)◇3164/S17/2◇10182112
  • イスラエル、イラク、アメリカ(戦争とプロパガンダ:3)◇3164/S17/3◇10187209
  • 知識人とは何か◇361/S17/A◇10134809
  • 知識人とは何か(平凡社ライブラリー:236)◇ヘイボンライ/236◇90005298
  • 音楽のエラボレーション◇760/S17◇10139942
  • 文化と帝国主義◇1◇902/S17/1A◇10155919
  • The pen and the sword:conversations with David Barsamian◇312/S17-1◇10119060
  • Representations of the intellectual:the 1993 Reith lectures 1st Vintage Books ed◇361/S17◇10122430
  • The world, the text, and the critic◇901/S17◇10119064
  • Culture and imperialism 1st Vintage Books ed◇902/S17◇10119173

2003.7.18 - 7.31のテーマ

「この先の建築」展に関連する資料

現代社会学部都市環境デザインコースとギャラリー・間共催による「この先の建築」展が、7月24日(木)から8月7日(木)に、8号棟5階で開かれます。(月~土曜=12:00~19:00、日曜=10:00~19:00/会期中無休/入場無料)
30代から70代までの25人の建築家が一堂に会し、ともに「この先の建築」を考える場を創出しました。
それぞれの建築家は「この先の建築とは?」という問いかけに対する答えとして、実作あるいはプロジェクトの模型とビデオメッセージを展示しています。

関連リンク集

ギャラリー間 2002/9/3~10/5に開かれた本展の記録

山本理顕氏講演会
設計の方法について
■日時 7月26日(土)午後3時から
■場所 741教室
■料金 無料

  • 石山修武 [作]/藤塚光政写真◇リアス・アーク美術館◇526/KE41/10◇10146985
  • 石山修武著◇建築はおもしろい:モノづくりの現場から◇520/I83◇10164673
  • 磯崎新(現代の建築家)◇520/I85-1/
  • 磯崎新 [作]/藤塚光政写真◇ティーム・ディズニー・ビルディング◇526/KE41/7◇10146982
  • 磯崎新著◇建築家捜し◇520/I85◇10123473
  • 磯崎新著◇イメージゲーム:異文化との遭遇◇520/I85-2◇10144173
  • 磯崎新著◇見立ての手法:日本的空間の読解◇520/I85-3◇10144167
  • 磯崎新著◇建築家のおくりもの◇520/I85-5◇10175247
  • 磯崎新著◇建築の地層◇520/I85-6◇10179190
  • 磯崎新著◇ポスト・モダンの時代と建築:磯崎新対談◇523/I85-1◇10146169
  • 伊東豊雄:風の変様体 (現代の建築家)◇520/I89◇10144137
  • 伊東豊雄〔作〕/藤塚光政写真◇八代市立博物館・未来の森ミュージアム◇526/KE41/3◇10146978
  • 岸和郎, 植田実監修◇ケース・スタディ・ハウス:プロトタイプ住宅の試み◇527/KE61◇10146958
  • 隈研吾著◇建築の危機を超えて◇520/KU31◇10147006
  • 坂本一成[ほか著]/岩岡竜夫, 奥山信一, 曽我部昌史監修◇建築を思考するディメンション:坂本一成との対話◇520/S32-1◇10183982
  • 篠原一男著◇住宅論 [正]◇527/SH67/1◇10146328
  • 篠原一男著◇住宅論 続◇527/SH67/2◇10146689
  • 長谷川逸子 2: 1985-1995 (現代の建築家)◇520/H361/2◇10144136
  • 長谷川逸子著◇生活の装置:私の住宅設計◇527/H36◇10160358
  • 原広司 (現代の建築家)◇520/H31◇10144328
  • 原広司 [ほか] 著◇建築-あすへの予感:離陸への準備◇520/H31-1◇10144280
  • 原広司, アトリエ・ファイ建築研究所 [作]/藤塚光政写真◇梅田スカイビル◇526/KE41/6◇10146981
  • 船越徹編集代表/原広司, 伊藤恭行, 日色真帆執筆代表◇集合◇529/SU75/9◇10113253
  • 船越徹編集代表/槙文彦 [ほか] 執筆代表◇大空間◇529/SU75/8A◇10113252
  • 藤森照信文/増田彰久写真◇看板建築◇526/F62-1◇10161843
  • 槙文彦 (現代の建築家)◇520/MA34/
  • 槙文彦, アトリエ・ヒルサイド編著◇ヒルサイドテラス白書◇527/MA34◇10146951
  • 槙文彦他著◇見えがくれする都市:江戸から東京へ◇518/MA34◇10063886
  • 槙文彦著◇記憶の形象◇520/MA34-2/
  • 山本理顕 (現代の建築家)◇520/Y311◇10144331
  • 建築MAP横浜・鎌倉◇521/G99◇10184280
  • 建築MAP京都◇521/G99-1◇10139715
  • 建築MAP大阪/神戸◇5231/G99◇10161805
  • 建築MAP東京◇5231/G99-1◇10135854
  • 建築MAP北九州◇5231/G99-2◇10139717

2003.7.14 - 7.18のテーマ

レポート・論文の書き方

書きましょう!

関連リンク集

パスファインダー 特定のトピックや主題に関する資料・情報を収集する際に、図書館の提供できる関連資料のリスト。テーマがあればラッキー。

  • アメリカ式論文の書き方◇816/F49/A◇10100978
  • 論文・レポートのまとめ方◇816/F92◇10133123
  • 論文の書き方マニュアル:ステップ式リサーチ戦略のすすめ◇816/H27◇10135593
  • 学生のための言語表現法◇816/I521◇10157273
  • 言語表現法講義◇816/KA86/A◇10120552
  • 加藤諦三の文章の書き方・考え方◇816/KA861◇10163860
  • レポートの組み立て方◇816/KI46◇10061290
  • 論文と抄録の書き方◇816/N37◇10083403
  • 論文執筆ルールブック◇816/N372◇10141116
  • 大学生のための研究論文のまとめ方◇816/N43/A◇10144735
  • 「考える」ための小論文◇816/N81◇10129792
  • 文章の実習◇816/O55◇10141117
  • 卒業論文を書く◇816/R25◇10131791
  • 理科系の論文作法◇816/TA36◇10150191
  • 知的生活を楽しむ小論文作法◇816/W42◇10080474
  • 大学生と大学院生のためのレポート・論文の書き方◇816/Y86◇10131793
  • 論文・レポートの書き方と作文技法◇8165/H55/ア◇10164306
  • やさしい文章術 : レポート・論文の書き方◇8165/H56◇10185678
  • 小論文の書き方◇8165/I56/A◇10172168
  • レポート・論文・プレゼンスキルズ◇8165/I84◇10189128
  • 小論文トレーニング◇8165/KA21◇10189127
  • 勝つための論文の書き方◇8165/KA76◇10187606
  • 論文作成の要点◇8165/KO38◇10165618
  • 考える力がつく「論文」の書き方◇8165/KO82◇10187427
  • 知的仕事人のための論文の書き方◇8165/N87◇10161780
  • レポート・論文の書き方上級◇8165/S47/B◇10161932
  • はじめての論文作成術◇8165/TA74/A◇10180403
  • 論文の教室◇8165/TO17◇10185727
  • 常識力で書く小論文◇8165/W42-1◇10172890
  • 英語論文によく使う表現◇836/S42/A◇10082079
  • MLA英語論文の手引◇8365/G42/ア◇10180638
  • アカデミックライティング入門 ◇8365/I85◇10161872
  • Research writing using traditional and electronic sources◇8365/J76◇10156855
  • 英語論文によく使う表現事典◇8365/KA86◇10163778
  • Writing research papers : a complete guide 10th ed ◇8365/L56◇10181924
  • 英語論文すぐに使える表現集◇8365/O17◇10163783
  • 効果的な英語論文を書く◇8365/SW1◇10138529
  • 大学生のためのレポート・論文術◇コウダンシン/1603◇10179369

2003.7.4 - 7.11のテーマ

アイルランドウィーク

このたびアイルランド政府より図書一式が寄贈されます。これは英文学科におけるアイルランド文学講座の実績に敬意を表したもので、7月8日(火)に駐日大使が来学、図書寄贈式を10時30分から行います。
図書館ではマルチメディアリソース室と共同で、寄贈式前後の1週間をアイルランドウィークとしました。
関連したコレクションを展示しています。
これを機会に、どうぞ手にとってごらんになってください。

関連リンク集

 

  • ケルトの宗教ドルイディズム◇10140921◇163/N46/A
  • 図説ケルト神話物語◇10142648◇164/Z1
  • 図説ケルト文化誌◇10150556◇230/C95
  • ケルト歴史地図◇10187852◇230/H49
  • ケルト人の世界◇10060879◇230/P87
  • アイルランド:社会と文化1922-85年◇10163308◇233/B77
  • アイルランド独立運動史◇10165834◇233/MO45
  • 恐ろしい美が生まれている:アイルランド独立運動と殉教者たち◇10127322◇233/O151
  • 評伝バーク◇10135868◇289/B92
  • アイルランド◇10109460◇293/I63
  • アイルランド(ヨーロッパ・カルチャーガイド)◇10173770◇2933/E16/A
  • アイルランドへ行きたい◇10132043◇2933/F72
  • アイルランドの民話◇10107984◇388/G48
  • ケルト幻想民話集◇10107989◇388/J12/A
  • ケルト妖精民話集◇10107988◇388/J12-1
  • 世界神話伝説大系◇10038435◇388/SE22/40
  • グリムが案内するケルトの妖精たちの世界◇10171444◇3883/C93/2
  • ケルトの精霊物語◇10172086◇3883/C96
  • アイリッシュ・ミュージックの森◇10135418◇762/O77
  • アイリッシュ・ソウルを求めて◇10115041◇764/O15
  • アイリッシュ&ケルティック・ミュージック◇10131977◇764/Y41
  • アイリッシュ・ハートビート:ザ・チーフタンズの軌跡◇10172826◇7647/C42
  • バラッドの世界◇10116389◇767/MO16/A
  • ゲール語会話◇10178865◇8932/G17
  • やさしいゲール語読本◇10178866◇8932/G17-1
  • たのしいゲール語読本◇10178867◇8932/G17-2
  • うつくしいゲール語読本 ◇10178868◇8932/G17-3
  • ゲール語四週間 ◇10178864◇8932/G17-4
  • ゲール語基礎1500語◇10178869◇8932/MI63
  • NHKスペシャル「愛蘭土紀行」◇10163239◇9156/N77/8A
  • ダブリンの4人:ワイルド,イェイツ,ジョイス,そしてベケット◇10086435◇9302/E48/A
  • 文学アルバム小泉八雲◇10164580◇9302/H51-8
  • ジェイムズ・ジョイス事典◇10132936◇9302/J85-22
  • フィネガン辛航紀◇10129083◇9302/J85-23/A
  • ユリシーズグラモフォン◇10172917◇9302/J85-25
  • イェイツ◇10030179◇931/Y69-3
  • ヴィジョン◇10050143◇931/Y69-4
  • W・B・イェイツ全詩集◇10024972◇931/Y69-6/A
  • さまよえる人たち◇10104429◇932/J85
  • ワイルド喜劇全集◇10030885◇932/W73
  • ワイルド悲劇全集◇10030884◇932/W73-1
  • イェイツ戯曲集◇10114142◇932/Y69/A
  • フィネガンズ・ウェイク◇10074569◇933/J85-1
  • ダブリンの市民◇10161116◇933/J85-2
  • アイルランド青春物語:アリスの初恋◇10128810◇933/TA981
  • アイルランド冬物語:晩秋、クリスマスそして冬の暮らし◇10107453◇933/TA981-1
  • 善悪の観念◇10031038◇934/Y69
  • 古代アイルランド文学◇10069174◇993/D74/A
  • シェイマス・ヒーニー全詩集◇10114208◇993/H51/A
  • 愛蘭文学史◇10138879◇993/KA88
  • アイルランドの詩歌◇10068068◇993/O91
  • アイルランド文学小事典◇10159876◇9932/MA82
  • ファラオの娘:ヌーラ・ニー・ゴーノル詩集◇10175486◇9932/N71
  • The Irish times book of the century : 1900-1999◇10188118◇230/O86
  • The Hutchinson encyclopedia of Ireland◇10188287◇233/H981
  • The Irish world : the history and cultural achievements of the Irish people◇10188119◇304/I64
  • The scattering : images of emigrants from an Irish county : pbk◇10188120◇3345/SC1
  • Great houses of Ireland◇10188117◇5233/MO38
  • Deirdre : from earliest manuscripts to Yeats and Synge◇10189067◇9932/D53
  • Ireland in poetry◇10188286◇9932/I63
  • Classic Irish short stories◇10029078◇9932/O15

2003.6.27 - 7.4のテーマ

久保田弘信さんの講演に行こう!

現代社会学部・メディアプロデュースコース主催の講演会に久保田弘信さんが招かれます。

久保田さんは、1967年、岐阜県大垣生まれ。教員を目指していたが、写真スタジオでのアルバイトをきっかけに、写真家の道に入ったそうです。
フリーのフォトジャーナリストとしては、現地密着型の海外取材が大きな仕事。アフガニスタン関連の報道で、また今回のイラク戦争でも空爆下のバグダッドに留まって取材活動を続け、その報道でも名前を目にしたことがあるかもしれません。
写真とともにその体験を聞く機会は、めったにありません。現社以外の皆さんへも公開されています。足を運んで損はないと思います。

久保田弘信氏講演会
空爆下のバグダット
■日時 7月2日(水)午後1時20分から
■場所 732教室
■料金 無料


これとは別に↓アフガン関連の講演会もあります。

中村哲医師現地報告会
■日時 6月28日(土)午後6時から
■場所 名古屋市女性会館ホール(地下鉄名城線・東別院駅から東へ)
■料金 500円


関連リンク集

久保田弘信のホームページ

月刊カメラマン7月号
バグダット日記

  • Who?:報道されないアフガンの素顔(久保田弘信写真集)◇10189051◇748/KU14
  • メディアの湾岸戦争◇10106253◇070/A82-3
  • アジアのビデオジャーナリストたち◇10185037◇0701/A27
  • ジャーナリズムの原則◇10187437◇0701/KO95
  • メディアアクセスガイド:ライター・フォトグラファーのための売り込み・持ち込み情報源◇10181616◇0701/ME14
  • 20世紀の瞬間:報道写真家 時代の目撃者たち◇10165624◇0701/MO78
  • 写真明治の戦争◇10171497◇2106/O97
  • 東京大空襲の全記録◇10182236◇2107/I761
  • 戦場の枯葉剤:ベトナム・アメリカ・韓国◇10147605◇223/N37
  • イスラエル、イラク、アメリカ(戦争とプロパガンダ:3)◇10187209◇3164/S17/3
  • イラクとパレスチナ:アメリカの戦略◇10187604◇3192/TA84
  • 情報の目利きになる!:メディア・リテラシーを高めるQ&A◇10184077◇36145/H55
  • ドクター・サーブ:中村哲の15年◇10176613◇498/N37-4
  • ほんとうのアフガニスタン◇10180816◇498/N37-5
  • ちょうちょ地雷:ある戦場外科医の回想◇10185774◇498/ST8
  • ロバート・キャパ:時代の目撃者◇10126208◇748/C16-1
  • イラクの小さな橋を渡って◇10187926◇9156/I35-1
  • 戦争は地獄だ:ルポ インドシナの残虐◇10126881◇936/A79
  • 戦場カメラマン◇90004488◇アサヒ/イ7-1
  • ベトナム戦記◇90004641◇アサヒ/カ8-1

2003.6.20 - 6.27のテーマ

北朝鮮、を考えるときに

「いま」北朝鮮を考えるときに、参考になるものをえらびました。

関連リンク集

Yahoo! ニュース:北朝鮮 ニュースと関連サイトへのリンク

私はこう考える:北朝鮮について 朝日(1959-)・毎日(1988-)・読売(1988-)・産経(1980-)各紙の、関連記事およそ300件をまとめてある。全文を読むことができる。サイトは日本財団の電子図書館

外務省の北朝鮮ページ

北朝鮮による日本人拉致問題総合情報サイト リンク集です。

ドキュメントドラマ「北朝鮮拉致」 再放送が6月29日(日)にあります。
テレビ愛知 (13: 05 - 15: 40)
→テレビ東京 (14: 00 - 16: 35?)

 

 

  • 金日成と金正日:革命神話と主体思想◇10118814◇220/G34/6
  • 「朝鮮戦争」取材ノート◇10185033◇221/H14
  • 朝鮮現代史の岐路:なぜ朝鮮半島は分断されたのか◇10188199◇221/R32/ア
  • 朝鮮戦争◇10135021◇221/R37
  • 日本・朝鮮半島◇10139436◇2908/SE22/22
  • 北朝鮮観光◇10148309◇2921/MI85
  • 北朝鮮ハンドブック◇10137599◇302/O53
  • 退屈な迷宮:「北朝鮮」とは何だったのか◇10118258◇302/SE31
  • 知っておきたい韓国・朝鮮◇10120523◇302/SH92
  • ソウルと平壌◇10147808◇30221/H14
  • 拉致と核と餓死の国北朝鮮◇10188362◇30221/H14-1
  • こんなに困った北朝鮮◇10186915◇30221/H38
  • 北のサラムたち:日本人ジャーナリストが見た、北朝鮮難民の“真実"◇10184039◇30221/I77
  • 北朝鮮1960:総連幹部・最初の告発◇10188540◇30221/SE24
  • さらば「よど号」!:25年の軌跡◇10183884◇309/TA57-1
  • 北朝鮮悪魔の祖国:日本人が知りえない驚愕の事実◇10120507◇312/B63
  • 北朝鮮:社会主義と伝統の共鳴◇10105282◇312/H55/3A
  • 北朝鮮崩壊、日本大混乱:シミュレ-ションと提言◇10097420◇319/A64
  • 日朝交渉:課題と展望◇10187772◇3191/KA43
  • 「日米関係」からの自立:9・11からイラク・北朝鮮危機まで◇10187869◇3191/KA43-1
  • 韓国・北朝鮮の法制度と在日韓国人・朝鮮人◇10111982◇322/KI41
  • 拉致救出運動の2000日:1996年→2002年◇10187419◇391/A64
  • 北朝鮮対日謀略白書:金正日が送り込む特殊工作員によるスパイ活動全記録◇10184047◇391/E94
  • 北朝鮮に消えた友と私の物語◇10184637◇916/H14
  • 宿命:「よど号」亡命者たちの秘密工作◇10183727◇916/TA57
  • 北朝鮮からの亡命者:60人の証言◇90004454◇アサヒ/ア4-66
  • 金正日の拉致指令◇10162550◇アサヒ/イ53-1
  • 北朝鮮データブック◇90004375◇コウダンシン/1359
  • 北朝鮮の外交戦略◇10172416◇コウダンシン/1526
  • 北朝鮮難民◇10182154◇コウダンシン/1621

2003.5.23 - 5.30のテーマ

漂流した日本人

「大黒屋光太夫」は伊勢のひとで、1782年に遭難してロシアに漂着、苦難の末10年後に函館(箱館)に帰国しました。
光太夫を描いた小説としては井上靖さんの「おろしや国酔夢譚」(1968)が有名ですが、 毎日新聞に連載されていた吉村昭さんの著書が、この2月にでました。
本の帯には“書き終えるまで死にたくない、と何度も思った”とあります。
光太夫以外にも「中浜万次郎」もすぐれたひとだと思います。

関連リンク集

 

  • 御一新の嵐(鶴見俊輔集:続2)◇081/TS85/2-2◇10170947
  • アメリカ彦蔵自伝(東洋文庫)◇289/A44/
  • 大黒屋光太夫◇289/D21◇10005220
  • 大黒屋光太夫の接吻◇289/D21-1◇10129486
  • 開国のあけぼの:ロシアの黒船蝦夷地に出現す(大黒屋光太夫史料集:第1巻)◇289/D21-2/1◇10185887
  • 漂流と漂泊の十年:アレウト列島からシベリアへ、そしてペテルブルグ(大黒屋光太夫史料集:第2巻)◇289/D21-2/2◇10187190
  • 中浜万次郎の生涯◇289/N33◇10005342
  • 中浜万次郎集成◇289/N33-1◇10179515
  • にっぽん音吉漂流記◇289/Y311◇10087621
  • 船長(ふなをさ)日記(にっき):池田寛親自筆本◇2909/I32◇10170717
  • 環海異聞(海外渡航記叢書:2)◇2909/O89◇10121773
  • 韃靼漂流記(東洋文庫)◇292/SO45◇10086502
  • 北槎聞略◇2938/KA88◇10150261
  • 蕃談(東洋文庫)◇299/KO24◇10000897
  • カナダに漂着した日本人:リトルトウキョウ風説書◇3344/TA821◇10181466
  • おろしや国酔夢譚◇9136/I57-2/28◇10016280
  • 大黒屋光太夫◇9136/Y91-6/
  • 魯西亜(ロシア)から来た日本人:漂流民善六物語◇916/O77◇10120792
  • 漂流奇談集成◇9185/SO63/1◇10123271
  • 日本漂流譚◇9186/ME221/2-1◇10081684

2003.5.19 - 5.23のテーマ

『帝国』とその周辺

「帝国」は出版以来、さまざまな反響のある本です。直接関連する資料とともに、ローマ帝国、アメリカ、それから一般的な帝国についての資料をえらびました。

関連リンク集

Empire 『帝国』英語原文(全文です。1.07MB)

哲学クロニクル ネグリ関連あり

イタリア左翼の再建に向けて 「ル・モンド ディプロマティーク」にネグリが2002年に書いたもの

 

  • 帝国:グローバル化の世界秩序とマルチチュードの可能性◇319/N62◇10187803
  • 特集『帝国』を読む◇現代思想 2003.2
  • 国際社会論:アナーキカル・ソサイエティ◇319/B88◇10168180
  • 文化と帝国主義◇902/S17/1A◇10155919
  • ザ・ワーク・オブ・ネーションズ:21世紀資本主義のイメージ◇332/R25◇10118402
  • 重商主義と「ヨーロッパ世界経済」の凝集(近代世界システム:1600~1750)◇332/W36-1/1600-1750B◇10155237
  • 大西洋革命の時代(近代世界システム:1730~1840s)◇332/W36-1/1730-1840S◇10131719
  • 史的システムとしての資本主義◇332/W36-4◇10136096
  • 反システム運動◇309/A79◇10106703
  • アンチ・オイディプス:資本主義と分裂症◇135/D55◇10025127
  • ドゥルーズ流動の哲学◇135/D55-8◇10172307
  • 革命について◇(ちくま学芸文庫)◇316/A68◇10126414
  • ローマ帝國衰亡史(岩波文庫:青)◇イワナミブン◇/アオ/410-0
  • 古代ローマの歴史◇232/R62◇10167141
  • 痛快!ローマ学◇232/SH75-1◇10186422
  • ローマ帝国社会経済史◇232/R73/
  • ローマ帝国の没落◇232/R66◇10004988
  • アメリカの民主政治◇コウダンガク/778◇90001902
  • 帝国の時代:1875-1914◇2096/H81/
  • 帝国の興亡◇209/L62/

2003.5.9 - 5.19のテーマ

藤原書店の本

ブローデル(Fernand BRAUDEL)、コルバン(Alain CORBIN)、ブルデュー(Pierre BOURDIEU)らの著作を出し続けている出版社。フランスのものが多く、本学の山田登代子教授の関わったもの(右のアンダーライン)もあります。
図書館にも本館249冊、分館64冊と多く所蔵しています。(のべ冊数なので重複を含む。)
いま読むべき、重要なものがあります。この機会にぜひどうぞ。

関連リンク集

藤原書店

  • 海◇954/MI13◇10104889
  • 山◇293/MI13◇10128635
  • ミシュレ伝:1798-1874:自然と歴史への愛◇289/MI13◇10156160
  • ブローデル帝国◇201/B71◇10184662
  • 地中海◇2095/B71-2/
  • 言語都市・パリ:1862-1945◇235/W12◇10179998
  • 生きる思想:反=教育/技術/生命◇304/I391-1◇10161054
  • グローバル・ヒストリーに向けて◇332/KA941-1◇10180819
  • ハンナ・アーレント入門◇311/A68-3/A◇10187198
  • ヨーロッパとは何か◇3023/Y84◇10187207
  • 新しい学:21世紀の脱=社会科学◇301/W36-2◇10171458
  • わが世の物語:アンナ・ド・ノアイユ自伝◇951/N91◇10170932
  • 移民の運命:同化か隔離か◇3344/TO17◇10160426
  • ピエール・ブルデュー:1930-2002◇3612/B67-3◇10182109
  • メディア批判◇36145/B67◇10185057
  • ディスタンクシオン(Bourdieu library)◇361/B67/1C◇10106893
  • 従妹ベット:好色一代記(山田登代子訳・バルザック「人間喜劇」セレクション:第11-12巻)◇953/B16/
  • 風俗研究(山田登代子訳)◇382/B25/A◇10100347
  • バルザックがおもしろい◇9502/B16-4◇10150952
  • 読む事典・女性学◇3671/H68◇10185987
  • 性と歴史◇384/F31◇10059450
  • 女の歴史◇3672/D93/
  • 歴史の中のジェンダー◇3672/P42◇10173168
  • わが道はつねに吹雪けり:十五年戦争前夜◇367/TA45-2◇10118424
  • 赤ちゃんは知っている:認知科学のフロンティア◇14151/ME21/A◇10158795
  • 胎児の危機:化学物質汚染から救うために◇495/SC2◇10181092
  • 「アメリカ」が知らないアメリカ:反戦・非暴力のわが回想◇289/D55◇10136071
  • 収奪された大地:ラテンアメリカ五百年◇255/G17◇10129482
  • 同時代世界の人類学◇389/A96◇10185663
  • 声の文化と文字の文化◇361/O651◇10083705
  • 攻撃の人類学:ことば・まなざし・セクシュアリティ◇389/G45-1◇10138438
  • 教育の誕生◇372/A71/A◇10105134
  • 大学革命◇377/TA16◇10172189
  • 震災報道いまはじまる:被災者として論説記者として一年◇070/MI24◇10115696
  • 梅毒の歴史◇4986/Q5◇10120036
  • 病人の誕生◇490/H53◇10081953
  • においの歴史:嗅覚と社会的想像力◇519/C88◇10132713
  • 気候の歴史◇451/L56◇10169081
  • 浜辺の誕生:海と人間の系譜学◇230/C88◇10087704
  • 感性の歴史◇204/F17◇10133308
  • レジャーの誕生◇3657/C88/A◇10185070
  • 娼婦◇3684/C88◇10155652
  • 音の風景◇235/C88-1◇10134398
  • 記録を残さなかった男の歴史:ある木靴職人の世界1798-1876◇235/C88-3◇10155724
  • 風景と人間◇290/C881◇10182173

2003.4.18 - 4.25のテーマ

イラクで本が焼かれた

本サイト内「司書の目と耳」コーナーでも速報しましたが、イラクの国会図書館と文書館で略奪、放火がありました。多くの所蔵資料が灰になったといいます。日本では美術品の報道はありますが、図書館の報道はほとんどありません。
日本でも前の戦争で同じことがありました。どの戦争でもそうです。
なぜ?、そして、人ごとではない、と思います。

関連リンク集

Independent紙(Independent.co.jp)の記事 ロバート・フィスク氏

  • アレクサンドリア図書館の謎:古代の知の宝庫を読み解く◇010/C15/A◇10161781
  • 愛知県図書館史年表資料考説:愛知県における図書館のあゆみ◇010/KA861◇10070324
  • 図書館の近代:私論・図書館はこうして大きくなった◇010/TO27◇10161675
  • イギリスの公共図書館◇016/KE33◇10005934
  • 東京の図書館百年の歩み◇016/S85◇10115541
  • 岐阜県立図書館史:創立前史より平成7年新館開館まで◇0162/G43◇10166223