当館の歴史

1961 昭和36年

  • ★愛知淑徳短期大学開学。
  • ★中学・高校図書館との併設館として短期大学附属図書館が開館する。

1968 昭和43年

  • ★短大図書館が清明館3階に独立移転する。

1975 昭和50年

  • 愛知淑徳大学開学。1号棟に大学図書館(240平米)を開設。

1979 昭和54年

  • 大学図書館棟(1,193平米)が完成し、独立移転する。
  • 愛知淑徳大学図書館規程、同利用規則を制定。

1986 昭和61年

  • ★短大図書館改修。

1987 昭和62年

  • 大学図書館棟の増築(2,897平米)、AVセンターを大学図書館内に開設する。
  • 図書館システムとして富士通のILIS/M(アイリス・エム)を導入。
  • 文部省学術情報センター(現・国立情報学研究所)の共同目録作業(NACSIS-CAT)に参加。

1989 平成元年

  • ★短大図書館が図書館報『ビブリオテーカ (Bibliotheca)』を創刊する。11号(1999.1)まで継続。

1992 平成4年

  • AVセンターが6号棟4階に独立移転。
  • AV教材システムとしてAMUSET(アムセット)をNECと開発。

1994 平成1年

  • 図書館システムを富士通のILIS/X70(アイリス・エックス・ナナジュウ)に更新。

1994 平成6年

  • 図書館オリエンテーションを開始する。

1995 平成7年

  • 愛知淑徳大学図書館運営委員会規則制定。
  • 大学院棟(現・図書館南棟)が完成し、地階に雑誌バックナンバー室(251平米)を設置。
  • 大学が男女共学化。
  • 午後9時までの夜間開館をスタート。

1997 平成9年

  • 文庫・新書コーナーを設置。
  • 海外文献複写のサービスを開始する。

1998 平成10年

  • グループ学習室(2室)を設置。

1999 平成11年

  • 夜間開館を午後10時までに延長する。
  • 図書館ウェブサイトを公開する。
  • 図書館システムをリコーのLIMEDIO(リメディオ)に更新。
  • 図書館業務の集中管理に着手する。
  • 図書館実習の学生を受け入れる。

2000 平成12年

  • 組織改編により愛知淑徳大学総合情報メディアセンターを設置。情報メディアサービス部に図書館、図書館星が丘分館、AVセンターの3施設が再編される。
  • OCLC(Online Computer Library Center, Inc.)によるコーク(CORC)プロジェクトに、日本から唯一参加する。

2001 平成13年

  • ★愛知淑徳短期大学図書館が、愛知淑徳大学図書館星が丘分館に名称変更する。
  • 大学院棟2階にマルチメディア・リソース・センター(旧・AVセンター)を設置。

2004 平成16年

  • ★星が丘分館が、1号棟4階および地下1-2階に移転する。
  • マルチメディアリソースセンターのデータを、図書館システムに統合する。

2006 平成18年

  • 2005年度私立大学図書館協会「協会賞」を受賞。
    ※当館が2005年2月に刊行した、愛知淑徳大学図書館インターネット情報資源担当編『パスファインダー・LCSH・メタデータの理解と実践:図書館員のための主題検索ツール作成ガイド』に関わった職員の業績に対して。

2008 平成20年

  • 私立大学図書館協会西地区部会東海地区協議会総会、東海地区大学図書館協議会総会を、本学にて開催。

2009 平成21年

  • 11号棟建築にともない、図書館を改修。

2010 平成22年

  • 学部再編に伴い、両キャンパスで資料の移動を開始。2013年春までの予定。
  • 2009年度私立大学図書館協会「協会賞」を受賞。
    ※当館の鹿島みづきさんの業績に対して。
  • 組織改編により、総合情報メディアセンター、情報メディアサービス部が廃止され、図書館が再編される。マルチメディアリソースセンターをマルチメディアリソース室に名称変更する。
  • ★星が丘キャンパス5号館4階に、マルチメディアリソース室(星が丘)を設置する。
  • 図書館サポーターLib.Mates(リブメイツ)が学生ボランティアとして活動を開始する。広報誌『Lib.let(りぶれっと)』を創刊する。

2012 平成24年

  • 資料の一部を外部書庫へ移動させる。以後継続する。
  • マルチメディアリソース室を改修。

2016 平成28年

  • 本館棟・天井の耐震工事を実施。

マルチメディアリソース室の関連

2001年のサービス開始履歴

    1. 資料のセンター内利用  2001年9月26日(水)11:00
    2. Video on Demand(VOD)  2001年9月26日(水)11:00
    3. 授業用カセットダビングサービスの利用 申込受付開始2001年10月1日(月)→2009.3 サービス終了
    4. 指定視聴覚資料の視聴  2001年10月1日(月)
    5. 放送大学資料の視聴  2001年10月1日(月)
    6. マルチメディアリソースセンターの図書・雑誌の閲覧  2001年10月3日(水)
    7. 【院生向け】資料のセンター外利用 2001年9月27日(木)→2010.3 サービス終了
    8. 指定視聴覚資料の視聴  2001年10月1日(月)
    9. 【教職員向け】資料のセンター外利用  2001年9月27日(木)
    10. 【教職員向け】カセットテープの複製  2001年10月1日(月)
    11. 【教職員向け】編集室 申込受付開始は2001年9月26日(水)13:00
    12. 【教職員向け】講演の撮影 2001年10月22日(月)以降の撮影日
    13. 【教職員向け】資料の編集 2001年10月12日(金)
    14. 【教職員向け】資料のスタイル変換(メディアコンバート) 2001年10月12日(金)
    15. 【教職員向け】映像資料の複製 2001年10月1日(月)
    16. 【教職員向け】TV番組の録画依頼 2001年11月26日(月)
    17. 【教職員向け】スタジオ利用 2001年10月17日(水)
    18. 編集スタジオ 2002年6月5日 申込受付→2010.3 サービス終了
    19. 指定視聴覚資料の視聴  2001年10月1日(月)

    オープン時のテープカット映像はこちら。(QuickTimeMovie 1.2M)

その後の履歴

    1. 9号棟接続関連工事のため休館 2004年8月2日から9月24日
    2. マルチメディアリソース室に改称 2010年4月1日
    3. 星が丘にマルチメディアリソース室開室 2010年4月1日

図書館システムの関連

1999年の富士通からリコーへの更新について:現図書館システム(リコー・LIMEDIO)導入の経緯

  • 1997年度 学術情報検討委員会
  • 1998年度 研究・教育情報総合システム委員会、ワーキンググループ
     ↓
    《富士通 ILIS/X70》の使用を1999年7月までとする。
    新システムは《リコー LIMEDIO》に決定。
  • 1999.9 閲覧・目録・相互利用・OPAC からスタート
  • 1999.10 本稼働
  • 2000.4 発注・受入を稼働
  • 2000.9 閲覧・目録にWindowsNT版を導入
  • 2001.1 雑誌を稼働予定

記録1999

1.12 図書館会議にて 新システムリコー決定の報告
2.12 大学短大図書館定例会にて ネットワーク等報告協議
3.03 大学短大図書館定例会にて ネットワーク等報告協議
3.16 コンピュータ業務を休止しサンプルデータ出力、リコーへ発送(-.19)
3.23 サンプルデータをリコーで解析
3.24 ネットワーク打合せ(情報センター、紀伊國屋)
4.08 大学短大図書館定例会にて 状況報告協議
4.27 図書館会議にて スケジュール、集中管理等報告協議
5.07 リコーSEと打合せ
5.14 大学・短大LAN設置場所確認(情報センター、リコー、フジタ) ハードウェア決定
5.17 新システム用各種コード表提出
5.20 カスタマイズ要求締切 図書館ホームページオープン(Yahooとgooに登録)
5.21 ソフトウェア決定
5.25 図書館会議にて スケジュール、ホームページ等報告協議
5.26 リコーSEと打合せ リコーより見積書(ハードとソフトのリース分)提出
6.上旬 データ移行仕様決定 サーバホスト名・パソコンとプリンタの接続関係を決定し機器設置図、接続表作成
6.02 第2回大学短大目録担当者会議 丸善「Knowledge Worker」発表会出張
6.09 図書館会議にて 新システム予算 集中管理 図書館の名称等 学内LANについて情報センターと打合せ
6.10 LIMEDIOデモ・プレゼンテーション参加出張
6.中旬 学情ILL用ユーザID追加申請(9月以降使用) カスタマイズ仕様決定
6.14 雑誌学情入力締切日
6.16 第3回大学短大目録担当者会議
6.下旬 学情雑誌個別版取得(リコーへ)
6.22 図書館会議にて NDC9版・シェルフリスト・装備について協議
6.24 リコーSE・営業と打合せ 第4回大学短大目録担当者会議
6.25 リコー名古屋セミナー出張 本学のみ特別デモ ホームページに図書館システムインフォメーション開始
7.01 相互協力業務縮小し手作業で処理開始(-.9.30)
7.02 第5回大学短大目録担当者会議
7.05 リコーから富士通へのワークシート締切 WIN-NT講習会(富士通中部支社)出張
7.06 図書館会議にて NDC9版・シェルフリスト・事務室配置・装備について協議
7.07 平成11年度第1回図書館運営委員会にて状況報告審議
7.09 富士通(解体撤去、データ変換)契約 金属資源(配線撤去)契約
7.12 館長室にサーバ5台納品後、設定作業(-.16)終了後、リコーへ発送
7.21 リコーSEと打合せ 資料予約業務を停止(-9.10) 学内LANについて情報センターより説明
7.22 サーバがリコー到着検収
7.26 撤去下見
7.27 所在コード・貸出区分コード送信
7.28 コンピュータ室スタックハブ取替(情報センター)
7.29 リコー営業と打合せと契約説明 旧システムでの業務最終日
7.30 オフラインで閲覧業務を行う 図書館会議にて協議 旧システムよりリスト出力
7.31 閲覧業務を手動で行う(-9.10) 旧システム最終日 オフラインデータを転送(大学500件、短大150件で約9時間)、統計・督促データ出力
8.01 大学統計出力 データ移行開始(富士通)
8.02 富士通データ移行終了・検収(移行データCMTへバックアップ)、この日から9/10まで貸出用紙で業務 短大図書館よりカードボックス移動設置
8.03 データをリコーへ発送 撤去機器のチェック・確認
8.04 大学図書館の富士通端末撤去
8.05 大学図書館の富士通端末引取 短大図書館の富士通端末撤去・引取 大学図書館電源工事 リコーMTを確認
8.06 短大図書館電源工事 大学図書館プリンタ等納品 書架移動取付
8.09 大学図書館短大図書館サーバ納品 大学図書館事務室に新システム用事務関連納品 短大図書館LAN工事
8.10 大学図書館LAN工事 名古屋大学N1プロトコルのためのモデム撤去 リコー営業納品チェック 大学図書館事務室の旧事務関連撤去
8.11 短大図書館LAN工事 コミ大学院棟B1学内LAN調査(アクセス不良)
8.12 大学図書館パソコン納品(トラック2台、ライトバン1台) 富士通CE作業のため図書館担当者出勤(-.13 .14 .15 .16)
8.13 機器設定作業場所下見
8.16 リコーと富士通で大学図書館機器設定(-.17 .18 .19 .20) 新IPアドレスで運用開始
8.18 リコーLIMEDIO設定 ハード関連作業のため大学図書館臨時休館(-.23)
8.23 大学図書館サーバ・パソコン設置 PCを大学から移動のため短大図書館臨時休館
8.24 短大図書館サーバ・パソコン設置 リコー営業チェック
8.25 サンプルデータ入力 全職員新システムLIMEDIO研修(-.26)学術情報センターSINETへの接続確認
8.27 サンプルデータのチェック、不良データ等問題点の報告(-9.03)
9.上旬 ハード初期不良調査・交換 利用者用パソコンの設定
9.02 岡山理科大学へ発注受入システムの見学出張 メンテナンスのためのリモートアクセス申込(情報センター)
9.03 ディスプレイ保護カバー装着
9.06 本データ入力 短大図書館のサーバ・パソコン検収 リコーSE短大図書館サーバ設定
9.07 稼働 大学図書館のサーバ・パソコン検収 リコーSEと打ち合わせ
9.09 図書館内パソコンでOPAC試運転開始
9.13 ホームページにOPACへのリンク公開(学内のみ) 富士通汎用機解体
9.14 富士通汎用機撤去(金属資源) コンピュータ室電源・LAN工事
9.16 コンピュータ室間仕切り、エアコン取り付け(-.17)
9.20 サーバ本設置のためコンピュータ室へ移動 OPAC学外へ公開(試行)
9.21 リコーSEと打ち合わせ
9.22 リコー社内からのリモートアクセス確認 短大図書館関連ハブ交換(情報センター)
9.29 図書館会議にて 状況報告
9.30 OPAC学外へ公開、各種リンク集へ登録お願い
10.8 リコーSEと打ち合わせ リビジョンアップ

導入時あいさつ(1999年9月記)

いよいよ新しい図書館システムが稼働します。
7月からの移行作業にともなう業務縮小にご協力いただきまして、無事に予定された作業はほぼ完了しました。LIMEDIOの稼働は、関係した方々の理解と協力なしには不可能でした。ありがとうございました。
当初は職員も不慣れなこと、できあがったばかりのプログラムの不具合等のことで、ご迷惑をおかけすることがあるかもしれません。
サービス向上のため、これからも全力で取り組みますのでよろしくお願いします。

LIMEDIO更新作業 2004

1999年10月に稼働した図書館システムLIMEDIOについて、システムならびに機器の更新作業を2004年8月に実施、2004年10月に本稼働した。

  • 休館 2004.8.2 - 8.22
  • サービスの一時休止
    現物借用 7.1 - 8.31
    文献複写 7.16 - 8.31
    来館利用・レファレンスサービス 8.2 - 8.22

LIMEDIO更新作業 2010

2004年10月に稼働した図書館システムLIMEDIOについて、システムならびに機器の更新作業を2010年3月に実施した。

LIMEDIO更新作業 2015

2010年3月に稼働した現図書館システムLIMEDIOについて、システムならびに機器の更新作業を2015年3月に実施した。